カート



2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN
土用の丑の日、鰻の棒寿司。

2014.07.28 Monday



さてさて、土用の丑の日です。

土用の丑の日といえば「鰻」。
ここ数年で価格が高騰したので
普段はスーパーでなかなか手が伸びないのですが
土用の丑の日だからね、とスーパーの思惑に
笑顔で便乗しておいしそうな鰻を選んできました。

今回は酢飯と合わせて棒寿司に。
暑さで食欲があまりなくてもひょいと摘んで口にすれば
おいしさと栄養が体中に広がっていきます。



*鰻の棒寿司(2人分)*

炊きたてごはんをお茶碗2杯分用意します。
今日はしっかりとした食感とほんのりとした甘さのバランスがおいしい亀の尾です。
すし酢を適量加えてすし飯にします。
うなぎのタレも混ぜるのですし酢は通常よりも少なめにしてください。
*すし酢の配合目安は、お酢=大さじ2、砂糖=大さじ1、塩=小さじ1/2。



大葉(千切り)、茗荷(半月薄切り)、白ごまを加えて混ぜ合わせます。



鰻のたれも少し加えます。


ラップにごはんをのせて鰻の長さに合わせて棒状にかたちを整えます。



ラップを広げ巻き簀の上に置いて錦糸卵をのせ、



皮目を下にした鰻ものせます。



ラップごと巻き簀で巻いてかたちを整えて、



食べる直前までラップに包んだまま置いておきます。




一口サイズに切り分けて、


いただきます!




梅雨が明け暑さが一段と厳しくなるこの時期。
少量でも栄養たっぷりのごはんを口にして
元気に暑さを乗り切ってくださいね。



*冷やしひつまぶしもどうぞ → http://blog.kitakamakuraseimaijyo.jp/?eid=26




(次の記事)おうちごはん15*夏のアレンジ

(前の記事)スパイシーチキンソテー*「カレーの壷」レシピ番外編

(記事一覧)季節毎のまとめ記事もご覧ください


美味しい白米・玄米の炊き方はHOW TO GOHANにイラスト付きで
まとめさせて頂いておりますのでご確認ください。
HOW TO GOHAN


北鎌倉精米所の商品ラインナップ*