カート



2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

ななつぼし 北海道久遠郡 大口義盛さん作 10kg


型番 nanogu10k
精米度合い
オプション
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

粘り・粒感・甘味のバランスが抜群で、どんな料理にも星7つです。

※上記画像は、6合サイズのパッケージとなります。実際は異なるパッケージとなります。

大口義盛さんが育てた「ななつぼし」は、粘り・粒感・甘味のバランスが抜群で、どんな料理にも合うお米です。

早起きした朝、お味噌汁や納豆、焼きシャケと一緒に大盛りによそって食べれば、日本人に生まれて良かったと実感します。

冷めても美味しさが長続きする「ななつぼし」のおむすびは、楽しい休日のピクニックを華やかに盛り上げてくれます。

水加減は「ちょうど」が一番美味しく炊けます。
簡単にもっちりしていて美味しい玄米が炊けます。玄米ビギナーにもオススメです。

北海道は実は新潟の次にお米の生産量が多い米処で、「ななつぼし」はその北海道でもっとも生産されているお米です。
「北斗七星のようにキラキラと輝いて欲しい」という願いが込められた名前の通り、全国的にも大人気の品種です。

その北海道の雄大な大地で、人間と自然との共存を目指し、羊飼いをしながら、美味しいお野菜やお米を「自然栽培」で育てている大口義盛さん。
大口さんが実践される「自然栽培」は、出来るだけ機械には頼らず、出来るだけ自然のままに育てる栽培方法です。
農薬や化学肥料を使わないのは勿論の事、極力耕さず、有機肥料も使用せず、草取りもせず、
微生物や小動物のすごしやすい環境を整え、土の潜在能力を在るべき状態まで引き出す、まさに循環型の農法です。

自然に任せるがゆえ、収量は一般的な農法の1/4〜1/3程度と極端に少ないのですが、お米が本来持つ旨味が引き出されます。
北海道の大地の結晶、ぜひご堪能ください。

生産者レポートは、こちらのブログをご覧ください。
「玄米も試してみたいな」という方は、こちらのブログも是非ご覧ください。
「どのお米を選べば良いの?」という方はお米の選び方の記事も参考になさって下さい。


美味しい白米・玄米の炊き方はHOW TO GOHANにイラスト付きでまとめさせて頂いておりますので、
ご確認ください。
HOW TO GOHAN


北鎌倉精米所の商品ラインナップ*