カート



2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
誠に勝手ながら8月3日〜9日夏季休業とさせて頂きます
■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN
おうちごはん15*夏のアレンジ

2014.08.08 Friday

残暑お見舞い申し上げます。

暦の上では立秋を過ぎましたが
夏の暑さはまだまだこれからが本番。
それでも吹き抜ける風が思いの外ひんやりとしていたり
ふと見上げた空に鱗雲が広がっていたり。
強い日差しの向こうには次の季節が​静かに巡ってきているようです。

さて、食いしん坊の身としては
早くも秋の味覚が待ち通しくもありますが
夏野菜のおいしさもまだまだしっかりと味わいたくて
毎日のごはん、定番のおかずにも夏らしい素材や
アレンジを取り入れて楽しんでいます。


*夏野菜の揚げ浸し*
何を作るか迷ったときの強い味方、揚げ浸し。
特に夏野菜の揚げ浸しはひんやりとした冷たさも
おいしさのひとつになるので
冷蔵庫の残り野菜とにらめっこしつつ
いろいろな組み合わせで作っています。
漬け汁もしょうがを効かせたり
梅肉を加えたりとちょっとのアレンジもしやすいですね。


*トウモロコシ風味のポテトサラダ*
シンプルなボテトサラダにしゃきしゃきのトウモロコシと
クリームコーンを加えてほんのり甘くてやさしい味に仕上げました。









*ひじきと水菜のサラダ*
ひじきの煮物はいつも多めに作り小分けしてフリージングしています。
この日はひじきの煮物に水菜と中華ドレッシングを和えました。
煮物としていただくよりもさっぱりとしていて夏の一皿にぴったりです。

*かぼちゃのハニーマリネ*
グリルしたかぼちゃは、はちみつ、お酢、黒ごま&白ごま、塩こしょう、
オリーブオイルでマリネしました。




*トマトたっぷり鮭の南蛮漬け*
酸味が食欲をそそる南蛮漬け。
湯剥きしたフルーツトマトをたっぷりと加えたら
ガスパチョを食べているみたいな気分になる
とても夏らしいおかずになりました。





*千切り野菜のマカロニサラダ*
千切り野菜を加えてしゃきしゃきっとした歯ごたえをアクセントに。
もちろん、マカロニも2分で茹で上がるものでぱぱっと。

*茄子とズッキーニの味噌炒め*
味噌炒めはズッキーニを一緒に。
冷たい味噌炒めと炊きたてごはんの組合せはぴったりです。

*インゲンとトマトのサラダ*
歯ごたえよく茹で上げたインゲンとトマトはフレンチドレッシングで。
シンプルなサラダがしみじみと美味しいのは夏ならではです。





*島豆腐と釜揚げしらすのサラダ*
島豆腐、釜揚げしらす、きゅうり、わかめに
ごま油と出汁醤油と少しのお酢を。
茗荷と大葉をたっぷりと添えるとさらに美味しくなります。

*とうがんのとうもろこしあんかけ*
やさしい味わいに煮含めた冬瓜には
トウモロコシのあんかけを。

*ひよこ豆と野菜の塩麹マリネ*
角切り野菜を炒めて火を通し、茹でたひよこ豆を加え
オリーブオイルやごま油、塩麹、お酢、塩こしょうでマリネします。
お好みで粒マスタードやバルサミコ酢を使っても。


このマリネは玄米と混ぜるとおいしい玄米サラダに大変身。
簡単ランチによく作ります。
トマトやきゅうり、サラダ野菜などの生野菜を加えるとより美味しくなります。
玄米を加えた分、塩こしょう、お酢などで味を調えてください。
娘はキムチを少し入れるのがお気に入りのようです。



献立を考えるのも億劫になるほどの暑さですが
夏のおいしさを楽しむ小さなヒントになればと思います。

8月もおいしく元気に過ごせますように!




(次の記事)人参ごはんのドリア

(前の記事)土用の丑の日、鰻の棒寿司

(記事一覧)季節毎のまとめ記事もご覧ください


美味しい白米・玄米の炊き方はHOW TO GOHANにイラスト付きで
まとめさせて頂いておりますのでご確認ください。
HOW TO GOHAN


北鎌倉精米所の商品ラインナップ*