カート



2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN
おうちごはん11*鰆と新じゃがの香味ダレ&菜の花ごはん

2014.03.14 Friday


寒い日とあたたかい日を行ったり来たりしながらも
確実に春へと向かっている今日この頃。
我が家の近くにある並木道の桜の枝先も
日に日に膨らみが大きくなり
まるで目の前の春へ向かって
一生懸命手を伸ばしているみたいです。

そして、毎日ごはんを作る身としては
スーパーに並ぶ食材からも沢山の春を感じます。

新玉ねぎ、新じゃがいも、新キャベツといった「新」のつくものや
たけのこ、菜の花、ふきのとうなど春の芽吹きを感じる野菜たち。
ほんのわずかな時期だけ楽しめる旬のものは
自然からのすばらしい贈り物。
ついつい笑顔をともに手が伸びてしまいます。



さて、今夜の夜ごはんは鰆と新じゃがいもの香味ダレを
シンプルな菜の花ごはんの上に乗せました。

軽く塩をふった鰆に片栗粉をまぶして
下茹でした新じゃがいもと一緒にフライパンで焼いて
生姜、ニンニク、長ネギ、醤油、お酢、砂糖、ごま油を
混ぜ合わせたタレをたっぷりとかけていただきます。




汁物は新キャベツと桜えびと押し麦のスープを牛乳で仕上げました。
もっと寒い季節ならベーコンを加えたり白味噌を隠し味に入れて
こっくりとした味わいにするところですが
春先はシンプルに軽めに仕上げて
春のやさしい甘さを味わいたくなります。

旬のものはおいしいのはもちろんのこと
身体や心のリズムにも寄り添ってくれる優れもの。
「春の皿には苦みを盛れ」と言われるように
冬の間に貯め込んだものが外へ外へと出てくる春先は
デトックス効果の高い春野菜をたっぷりといただいて
すっきりと新しいスタートを迎えたいものです。




*今夜のごはん*
・鰆と新じゃがいもの香味ダレ
・いんげんの胡麻和え
・かぼちゃのサラダ
・新キャベツと桜えびと押し麦のスープ

・菜の花ごはんつや姫 山形庄内 鈴木紀生さん作



            by みどり
 



(次の記事)玄米のキッシュ

(前の記事)小さくかわいい雛ちらし寿司

(記事一覧)季節毎のまとめ記事もご覧ください


美味しい白米・玄米の炊き方はHOW TO GOHANにイラスト付きで
まとめさせて頂いておりますのでご確認ください。
HOW TO GOHAN


北鎌倉精米所の商品ラインナップ*