カート



2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN
「フレンチ×普段ごはん」vol.3 トマト・トマト・トマト

2016.05.24 Tuesday

こんにちは。
フランス家庭料理教室アン・プチ・プの神崎則子です。



日本人の好きな野菜No. 1を誇るトマト。
甘酸っぱくてジューシーで、夏が近づくと食べたくなる野菜のひとつですね。
そんな夏野菜のイメージが強いトマトですが、じつは春から初夏あたりが一番おいしい旬の時期なんです。
なぜなら、トマトの原産地は冷涼なアンデス山脈の高原地帯だから。
高温多湿の真夏は苦手で、涼しい気候・強い日差し・乾燥気味の環境を好むのだそうです。
まさに初夏の今、旬のおいしいトマトを大いに楽しみましょう。



最近はフルーツ並みに甘いトマトの種類も増え、色や形のバリエーションも豊富になりました。
そのまま手軽に食べられるうえ、料理の素材としても重宝。私の愛する南欧料理にも欠かせません。
そこで、初夏向きの簡単でシンプルなトマト料理をいくつかご提案します。


*ひとつめは、丸ごとトマトをたっぷり使える「フレッシュトマトソース」



完熟トマトをざく切りにして、塩・こしょう・オリーブオイルで味をととのえるだけ。
シンプルに塩味だけでソテーした肉や魚にかければ、あっという間に南仏風のヘルシーなメイン料理の出来上がり。
トーストにのせればブルスケッタに。




*次は、スペイン名物料理「ガスパチョ」



丸ごとトマトをキュウリや玉ねぎ、オリーブオイル等とともにミキサーにかけてキンキンに冷やして供します。
ビタミン豊富な生野菜がどっさりとれて、本場スペインでは“飲むサラダ”と呼ばれています。ビネガーを加えると味がグッと締まります。



*プチトマトをたくさん買ったらぜひ試して欲しいのが「自家製ドライトマト」



半分にカットして低温のオーブンでじっくり乾燥させて、甘みと旨みを凝縮させます。
この自家製ドライトマトは、「料理教室アン・プチ・プ」の6月メニューのひとつです。
キッシュやパスタの具、料理の付け合せに重宝しますよ。




*最後の一品は、残りごはんで作る「トマトごはんのファルシ」
トマトにお肉を詰めた南仏ニースの名物料理「プチ・ファルシ」の中身を、ごはんに変えて簡単レシピにアレンジしました。
まず、トマトのヘタを浅く切り落とし、中身をくり抜きます。



くり抜いた果肉をざく切りにして、ニンニクとともにフライパンで煮詰めます。



温めたごはんを加えて馴染ませます。写真は玄米ごはん。



チーズを加えて具の完成です。



くり抜いたトマトに具をたっぷり詰め、さらにチーズをかけてオーブントースターで焼成。
ヘタの帽子も忘れずに焼きましょう。



チーズがこんがり、トマトのうつわがしんなりすれば出来上がり。



あつあつ・とろとろの焼きトマトと、もっちりしたチーズが絡んだごはんが絶品!
これなら大きなトマトまるごと1〜2個ぺろりと食べられて、とってもヘルシーな主食になりますね。
旬のトマトは栄養豊富で健康効果が抜群です。余計な調味料は使わずにシンプルに調理して、旬の美味を楽しみましょう。




(次の記事)「フレンチ×普段ごはん」vol.4 夏のビタミンカラースープ

(前の記事)ケチャップごはん入り、ころころアメリカンドッグ

(記事一覧)季節毎のまとめ記事もご覧ください



北鎌倉精米所の商品ラインナップ*